リサイクルトナーの特徴

おもにオフィスなどで導入されている複写機、レーザープリンタに使用されているトナー。
短時間でたくさんのコピーをとることが可能であり、粉を焼き付けて印刷を行なうのが特徴です。
なお、短時間で多量のコピーをとることが可能な反面、インクジェットプリンタに比べて一枚あたりの印刷コストがかかります。

トナーは消耗品であり、なくなるたびに交換しなくてはいけません。
また、ほかにマスタという名称の消耗品もあり、消耗品である以上、交換が必要になります。
マスタに関する説明は割愛させていただきますが、新しいモデルではトナーとマスタの両方が、トナーが入っているトナーカートリッジ上で統合されており、まとめて取り替えることが可能です。

トナーカートリッジは、複写機やプリンタのメーカーで販売が行なわれています。
ただ、トナーカートリッジは大きな機器であり、新品での購入は決して安い買い物ではありません。
複写機やプリンタを多く置いているところでは、かかるコストは相当なものになるでしょう。

このような問題を受け、いまは使用済みのトナーカートリッジを回収、補習を行ない、中身を補充したのがリサイクルトナーです。
当サイトでは、このリサイクルトナーが一体どのようなものであるか説明するとともに、普通のトナーにはないメリット、デメリットを紹介しています。
ひょっとするとオフィスの経営状態に良い変化がもたらされるかもしれませんので、興味がある人は別のページの情報もご覧ください。



<特選サイト>
リサイクルトナーを即日で納品している専門店です ―> リサイクルトナー 即日

Copyright © 2014 リサイクルトナー入門 All Rights Reserved.